堺市病院,温熱療法,ハイパーサーミア治療,堺市救急指定病院,大阪,堺市看護師募集

ハイパーサーミア(温熱療法)治療の流れ

ハイパーサーミアの治療の様子を、受付の時点から説明させていただきます。

来院されましたら、受付で診察券を渡し、受付を済ませていただきます。

体温計をお渡しいたしますので、体温を測定していただきます。

また、備え付けの血圧計で、血圧を測定していただきます。

※体温計は外来窓口にご返却ください。

トイレを済ましていただき、担当の職員が参りますので、しばらくお待ち下さい。

職員が治療の部屋までご案内します。

   

治療の部屋に着いたら、まず着替えをしていただきます。 装置の上に、水を循環させるマットを置きますので、その上にあがって頂きます。 体の向きは上・下方向から電極を当てますので、背中の方の腫瘍でも上を向いた状態で治療できます。治療時間が長いので( 約40分 )、長時間我慢できる、楽な姿勢をとって頂きます

(治療開始)

治療開始直後 全体的に温度が低いです。

(正常の体温の状態はこの青色で表示されます。)

(10分後)

肝臓が温まってきました

(15分後)

肝臓が全体的に温まり、腫瘍の部分(赤色)の部分がかなり熱くなってきました。

(25分後)

腫瘍が完全に温まっています。
※ 温度の上昇には、個人差がございます。

aaa