邦和病院 リハビリテーション

堺市病院,温熱療法,ハイパーサーミア治療,堺市救急指定病院,大阪,堺市看護師募集


ICU

ICUリハ.JPG超急性期の脳血管疾患に対し、ICU内でのベッドサイド訓練を行っています。
  医師・看護師が常に見守る中、モニターによるバイタルサインを確認しながら慎重にリハビリテーションを提供します。機能回復訓練・呼吸リハビリテーション・摂食訓練など超急性期に実施する事により患者さんの回復が早まり予後が良いと言う事は医学的にも実証されています。病棟との連携を密に行い危険管理をした上でのリハビリテーションは大変な訓練ですが患者さんの回復・笑顔に希望を持ちながら日々勉強を欠かさず挑んでいます。



作業療法

ST.JPG写真のキャプションを入力します。急性期の脳血管疾患・整形疾患に対し、幅広いリハビリテーションを提供する為、PT(理学療法士)に加えOT(作業療法士)による様々な訓練を行っています。脳血管疾患の麻痺に対しての訓練はもちろんの事、精神面の向上・安定訓練やADL(日常生活動作)訓練も行っています。麻痺による巧緻動作に対しての訓練・骨折による今後のADL方法指導など実際の入院生活場面の中で訓練し成果を上げています。PT・OTとの連携も厚く1人の患者様に対して日々話し合い、少しでも早く回復し安心して退院が出来るように2方面からのリハビリテーションを実施しています。自宅での家事・トイレ・入浴などのADLに加え、職業復帰に対しても現在の能力認識・今後の見通しなど幅広く対応しています。




早期起立訓練

riha1.JPGICUから一般病室に移り生命の危険が低くなった患者さんは車椅子に移り訓練室へと移動できるようになってきます。脳血管疾患などで失ってしまった立位能力の早期回復を目標としTilttableという器械を使用し立位訓練を行います。「座る」事もままならない患者さんが「立つ」事が早期離床・早期歩行への近道です。中には気管切開や経管栄養チューブの入っている患者さんにも実施します。機能回復はもちろんの事「立っている」と言う事の精神的な向上は患者さん本人だけではなく家族さんにも希望を与えます。また、骨折後の体重負荷訓練としても使用し骨折した足への体重負荷調節の出来にくい患者さんも早期に立位をとる事ができ、安全な早期歩行へと繋がります。





プラットホームでの訓練

riha2.JPG写真のキャプションを入力します。広いプラットホームでの機能訓練は患者さんに安心を与え幅広い機能回復訓練が行われます。
障害を持ってしまった患者さんはやはり不安なものです。セラピストが一緒に広いマット上にいる事により余計な力が入らずのびのびと体を動かす事ができます。寝返りや四つ這いなどの機能訓練に加え、プッシュアップ台・バランスボールや畳による訓練を機能回復訓練と平行して行う事でより細かい訓練を提供しています。退院前には自宅での生活を想定した床からの立ち上がりや不安定な絨毯の上での歩行などの応用訓練も行われます。




平行棒

平行棒.JPG立位・歩行の訓練を行います。
麻痺・骨折後の体重負荷制限など様々な立位訓練を開始する際、まずは平行棒を使用します。セラピストがより近くに居る事と患者さん自身の両手で支える事によって患者さんに安心を与え早期に立位へと移る事が出来ます。麻痺してしまった足を固定するニーブレイスという装具を着けての早期歩行訓練やステップの訓練も行います。広い訓練室の奥に位置する為、平行棒からスムーズに歩行器や松葉杖などの歩行訓練スペースへと移動する事ができ、歩行器や松葉杖を練習する前に歩く訓練を実施できます。




個別機能回復訓練

riha4.JPG写真のキャプションを入力します。狭い訓練ベッドでも機能訓練が可能となれば6台並んだ訓練ベッドでリハビリテーションを行います。
  外来・入院を問わず患者さんが入れ替わり立ち替わり機能訓練を行い歩行訓練・応用訓練へと移動します。
時には隣同士の患者さんやセラピストが話をしながら和やかに訓練が行われています。
入院中は時間を持てあます患者さんも多く自主訓練に来られる方の為に常に訓練室を解放しセラピストが作成した自主訓練メニューを実施しています。




訪問リハビリテーション

riha3.JPG患者様が退院されても地域と連携する事が無ければリハビリテーションの意味がありません。
急性期病院では入院期間が短く100%の能力回復を待つ事が出来ません。しかし、ご入院から退院までのリハビリテーションに加え、外来リハビリはもちろんの事、通院の困難な患者様には訪問リハビリテーションにて対応しています。入院中に一緒に訓練をしたセラピストが自宅にお伺いし通院可能な歩行の獲得を目標にしたり、自宅内でのADLが少しでも安全に行えるように一緒に頑張っています。介護保険との連携も考慮し、ケアマネージャーさんやヘルパーさんとの担当者会議や日々の報告にて患者さんの地域での生活を応援しています。



物理療法

18e3a61c69d5c962ae2fd27af6a2b54c.jpgホットパック・マイクロ・渦流浴による温熱療法、干渉波・低周波・超音波による電気治療、メドマーによる浮腫治療の他、オステオトロンⅢによる骨癒合促進やヘルストロンなど最新機器による物理療法を行っています。



手術見学・勉強会・カンファレンス

bh.JPG
院内全員での勉強会やリハビリ科内での勉強会・個々の患者さんのカンファレンスなどチーム医療ならではの話し合いを行っています。急性期病院だからこそ常に患者さんをスタッフが把握し治療する事が求められる為、リハビリ科内でも常に話し合いが行われています。また、様々な疾患に早急に対応する為に日々の勉強を欠かさず常に全員が前向きに患者さんに取り組める様に環境作りを行っています。
時間があれば手術の見学もしています。執刀医に説明を受けながら実際担当する患者さんの手術を見学する事でその後の訓練の立案がしやすく、また危険管理も自分の目で確かめる事が出来る為、早期の対応がより行いやすくなります。



娯楽・親睦

平成生まれのセラピストからアラフォーのスタッフまで年齢層も広く当然性格も違うセラピスト達の集まりです。いつでも患者さんの前で笑顔で応対できるように親睦も欠かせません。また、勉強ばかりでは息がつまるのでたまには娯楽も必要かと思われます。リハビリ科内での団結・助け合いの精神は強い!ハズです。