邦和病院 freepacs構築マニュアル

堺市病院,温熱療法,ハイパーサーミア治療,堺市救急指定病院,大阪,堺市看護師募集

IT戦略室

中小病院におけるPACS導入について



邦和病院 
放射線科技師長
IT戦略室長
松岡 大樹
E-mail:matsuoka@houtokukai.or.jp

PACSを導入したいが初期費用が・・保守費用が・・と考える中小病院やクリニックは多いと思います。
実際に色々な業者から見積もりを取ると数百万から場合によっては数千万とまだまだ高額な商品である上に月額保守費用もかかり、導入を見送る施設も多いようです。
そこで少しの努力と自己管理により自分でPACSを構築、管理する方法をご紹介しようと思います。

昨今の撮影料引き下げに続き、アナログ、デジタルの撮影料の区分、CTは16列、MRIは1.5Tで診療報酬が分けられ、レセプト電算の努力義務化や、PACSにおける電子画像管理加算などの流れから考えると今後の診療報酬の流れは機器の性能による診療報酬の区分は当然ながら PACS、RISなどITの導入などでの診療報酬の区分がますます拡大していくのではないかと容易に考えられます。

そこでお勧めするのがハード代金、ネットワーク構築代金以外無料で構築できるフリーPACSの構築です。

・PACS導入の魅力・


PACSの魅力とはやはり患者さんのデータの見読性の向上が1番です。
今日撮影した画像を参照した後に1クリックで過去画像参照比較ができますし、今日1日で何をどれだけ撮影したかなど統計や画像確認もいちいちフィルムを持ち出す必要も無くなりました。
また当院の様な中小病院ではフィルム保管場所にそうとう悩まされ、年に1度のフィルム大移動などもうPACSがあれば過去の思い出となってしまいます。
そして何より部門管理者、経営者に嬉しいのが
フィルム購入代金が一切かからない!
電子画像管理加算によりフィルム算定時代より診療報酬が高くなる!
など支出を減らしさらに収入を上げるという2度おいしい話が待ってます。


けして難しくないフリーPACSの導入

当院では業者から購入した薬事認定PACSとフリーソフトを使用して構築したPACSとの2種類のPACSを稼働させ完全フィルムレスにて業務を行ってます。
高額にて購入したメーカー品PACSと殆ど無料で構築したPACSと比較してどうか?
正直使い勝手はどちらも一長一短で同じですが、画像参照、サーバー管理に限ってはフリーPACSが一枚上手です。

導入において初めに書いておかなければならない注意点が数点あります。
①電子カルテとの連携はWeb型のPACSであればリンクを貼るだけで可能ですが、フリーのクラサバ型PACSでは対応出来ません。
②導入するとサーバー管理は自ら行わなければなりません、サーバーダウンを起こしてもすぐ復旧できる設備をお勧めします。
③薬事認定機器が最低1機無ければ電子画像管理加算を加算することはできません、しかし診療補助・参照に使用するPACSには薬事認定の必要がありません。ルールを守った上、自己判断でご導入ください。
④このページでの説明はPACS導入をお勧めしていますが、責任は一切お取りできません。自己責任にて導入、管理を行ってください。



初めにサーバーとViewer選び。

PACSはサーバーとViewerとで成り立っています。それぞれにフリーソフトが多くありますが今回は一番安定稼働すると思われ、比較的導入しやすい組み合わせを紹介します。

①有名なOsirix使用しMAC環境でサーバー構築する方法
②DCM4CHEEをサーバとし、WeasisやK-pacsやGinkgo DADxで画像参照する方法
③ConqestサーバーにK-PACSをのせWin環境にて運営する方法

の3つの方法がもっともポピュラーで安定稼働すると考えてます。どちらも魅力的ですが機能が飛びぬけて素晴らしいOsrixはデータが蓄積していくと動作が非常に重くなり、SQL等で別にデータベースを用意する事を考えるとMACを用意するだけ勿体無く、PACSServerと言うよりは、フリーワークステーション的な印象です。

②のDCM4CHEEは非常に優秀なPACS Serverですが、スキルが伴わないと管理難易度は高い。
当院でも3台目Pacs ServerとしてDCM4CHEEをミラーリング用に使用していますが理解するのにはまだ時間がかかりそうです。(院内無線LANでi Phoneやi Pad からアクセスするのには非常に優秀です。)
WEB型PACSのため他のシステム(電子カルテなど)とURL連携が容易に出来るのが魅力です。
当院はメインServerとしてDCM4CHEEを使用しています。
DCM4CHEEインストールはこちらから

③のConqest にK-PACSを合わせた方法ですが、この組み合わせも安定稼働の実績がありながら、何より簡単なため、管理しやすいといった点が1番のメリットと考えます。
注)クラサバ型であり、そのまでは電子カルテとの連携は出来ません。
apache tomcatで連携することは可能。


またサーバーに送られてきたDICM情報を管理するデータベースにSQLを使用します。
(当院も5年Conquest Serverを使用しましたが、安定力は半端ないです)

薬事の必要性と知識

現在2011年、薬事認証のPACS以外での診断や電子画像管理加算の算定は薬事法違反です。
また、医師が画像診断を下す際に使うPACSには薬事がないといけません。
しかし、言い直せば、画像診断に使わないPACSは参照端末と呼ばれ、そこには薬事が必要が無いと言う事です。

極端なことを言えば放射線科医が常駐し、全件読影をした後診察を行っている病院では、読影室のPACS1台以外は全て薬事の不必要な参照端末で良いという事になります。
後は、放射線科医が不在の、時間外撮影を当直医が見る、場所を決めておき、(救急外来用PACSなど)配置すればその他は全て無料のフリーPACSで良いのです。

つまり、高価なServer機に薬事は不要!看護部や放射線科、検査科などに置かれているPACSには薬事は必要ない
ここをフリーPACSの活躍の場!として導入計画を立てれば、超安価にPACSを導入することができます。


フリーPACSで現在薬事認証を取得!これは現在の日本では不可能です(日本の薬事にソフトウエアという概念がないため)

↑2014年現在 薬事法改正によりソフトウエア単体に薬事を持つ事ができるようになりました。





システムの殆どを自作するため導入コストは非常に安くなります。
aaaa.png
そして薬事認証機を読影室など主に診断を行う場所に配置し、他のViewerは参照用として御使用ください。


ここでお薦めする薬事認証PACS Viewerは新薬事法認可のソフトウエアです。
昔は、薬事認証PACSといえば、高精細モニタ、ハードウエア、ソフトウエア、マウス、キーボードなどの全てを商品として薬事認証登録しなければいけませんでしたが、
薬事法改正があり、今はソフトウエアだけに薬事認可を通せば、その他は何でも良くなりました。
そのため、ソフトウエアだけのダウンロード販売などが実際に始まり、PACS業界は相場が大崩している最中なのです。

保守と管理

私は設定より保守管理やLAN構築におけるセキュリティーを最も重要視しています。少し前にも書いたようにサーバーは同じ設定の物を1個予備として置いておくのが望ましいと考えます。

当院のように救急指定病院などでは24時間サーバーの電源はつきっぱなしです、夜中にいきなりサーバーダウンしてしまう可能性を想定して、IT管理者不在時にサーバ復旧しなくても画像閲覧ができる環境を作る必要があります。
そのためハードディスクはネットワーク対応のものが必要になります。

ハードディスクも最近はRAID対応のものが安くなってきていますが、これも冗長化の必要があると考えています。


死んでもデーターは守ると一人で意気込んでいますが、現在邦和病院ではPACSデータベース2セット、PACSサーバー4台(予備機含む)外部ストレージ6台(バックアップ含む)で構成されており、震災などでも3台までなら同時に潰れても何とか復旧出来るように構築してあります。

予算に応じたPACS環境例です

pacs1.jpg

安価型:

殆どのPACSベンダーが持ってくるセット内容と思われます、Server機の故障には対応できません、NASの故障時は迅速に対応でき、NAS双方にRAID6などを導入するとデータの安全性は高いがやはりServer機が故障するとアウトという面から考えるとお勧めできる内容ではありません。

pacs2.jpg

準安価型:

上図の超安価型と予算もそれほど変わらない。
Serverを2台にすることでServer機の故障にもNAS故障時にもK-PACS内のサーバ参照先を変えるだけで止まらないPACS環境を実現することができる。
お勧めする環境の中で一番安価です。

pacs3.jpg

安全型:

これが出来たら言う事なし!2台のServer機の内最低1台のNASを冗長化、さらに長期画像保管に対応するため、ある程度時間のたった画像は過去画像専用サーバに移すことによりメインサーバの負荷も軽減できる。