薬剤部

薬剤部のご紹介

患者さんに安心・安全・最善の治療を受けていただくために、薬物治療の点から支援いたします。
薬剤部の仕事について紹介します。

調剤業務

医師よりオーダーされた処方箋に従併用禁忌など誤りがないかチェックします。チェックした上で調剤します。
錠剤、散剤、液剤などの調剤を行います。このとき、その薬同士の相互作用が考えられる場合は医師に疑義照会を行います。
また患者様や医師からのご要望があれば、粉砕作業や一包化作業を行い、より患者様に合った服用方法になるようにしています。

注射剤調剤作業

院されている患者様一人ひとりに対して、一日分の注射剤セットを調剤しています。このとき投与量、投与経路、注射剤同士の配合変化などもチェックし、患者様に安全に薬が投与されるように努めています。

医薬品情報管理業務(DI)

院内で医師や看護師に対してお薬の相互作用、副作用、配合変化や保存方法など様々な情報を提供しています。
日々新しいお薬が世に出る中、お薬の最新の情報を得る為に、定期的に製薬会社の方々を招いてお薬についての勉強会を行っています。

薬剤管理指導業務

入院されている患者様のベットサイドでお薬の説明や質問に答える業務です。
入院患者さんのベッドサイドに赴き、入院時に持参されたおくすりの確認や、アレルギーや副作用経験、市販薬の服用の有無など、患者様のライフスタイルに合わせた服薬指導をしています。また処方薬の用法・用量、効能・効果などを説明するとともに患者さま自身がお薬を管理できるようにサポートしております。
このとき、患者様が入院時に持参されたお薬などを調べ、今後当院で処方される薬との相互作用がないかチェックをしております。